ホーム > よくある質問

よくある質問

PeeCheck! Q&A

Q. アセスミンって何ですか?
Q. どのくらいの確率で、がんが発見できるんですか?
Q. どのくらいの頻度で検査すればよいのですか?
Q. 尿を上手に採れるか心配なのですが……
Q. アセスミンでわかるのはがんだけですか?
Q. 検査結果でがんの可能性があった場合はどうしたらよいですか?
Q. がんにはどんな治療法がありますか?
Q. 動物病院での定期検診ではがんは発見できないんですか?
Q. がんの部位はわかるのですか?
Q. 海外から申し込むことはできますか?

 

faq01.jpg

アセスミンって何ですか?

faq02.jpg

がん細胞が増殖するときに作り出される化学物質です。
生体に不必要な老廃物として尿によって排出されます。
がんが進行している場合には、アセスミンが増加する傾向が確認されています。

 

faq01.jpg

どのくらいの確率で、がんが発見できるんですか?

faq02.jpg

がんと診断された犬の約70%はでPee Check!でがんの判別ができます。

20090624173320phpqbbu3h.gif


faq01.jpg

どのくらいの頻度で検査すればよいのですか?

faq02.jpg

犬は人間の数倍早く歳をとります。健康に見える場合でも、少なくとも年2回の検査をおすすめします。また、健康に懸念がある場合には、3ヶ月に1回程度の検査を行い、経過を観察することを推奨しています。

 

faq01.jpg

尿を上手に採れるか心配なのですが……

faq02.jpg

キットの採尿手順書をご覧いただき、ワンちゃんに合った方法で採尿してください。メタボスクリーンでは、ペットシートを使う方法を推奨しています。

 

faq01.jpg

アセスミンでわかるのはがんだけですか?

faq02.jpg

血液検査ではわからないがんのリスクと、その他に、炎症や尿石症やメタボ、腎臓疾患なども同時に調べられます。

 

faq01.jpg

検査結果でがんの可能性があった場合はどうしたらよいですか?

faq02.jpg

まずはかかりつけの病院にご相談ください。専門医もご紹介します。犬の死亡率第1位のがんも、早期発見できれば治癒する確率は高まります

 

faq01.jpg

がんにはどんな治療法がありますか?

faq02.jpg

主な治療法は、放射線療法、外科手術などです。人間と変わりません。

 

faq01.jpg

動物病院での定期検診ではがんは発見できないんですか?

faq02.jpg

一般に、動物病院で行う血液検査にがん検査項目は含まれていません。そのため、外見から疑いが出るまで検査を行わないことが多く、早期段階のがんを見落としがちです。「Pee Check!」での定期的なチェックをおすすめします。

 

faq01.jpg

がんの部位はわかるのですか?

faq02.jpg

がんの部位までは特定できません。がんの疑いが高まった場合には、CTやMRI検査を受けましょう。ただし、CTやMRIで見つけられない小さながんの反応が出ることもあります。

 

faq01.jpg

海外から申し込むことはできますか?

faq02.jpg

ワンちゃんの尿をご返送いただける地域であれば、世界中どこからでも申込可能です。ただし、現在のところ日本語での対応のみとなります。詳しくはお問合せ下さい。


PAGE TOP